関節の痛みだけではない弊害について

腱鞘炎による二次災害

腱鞘炎は、手や指など特定の関節を使いすぎるため炎症が起こることを言います。

 

炎症を起こす仕組みとは・・・

 

手指を例えにすると肩から指先にかけて神経の束が走っています。

 

その神経の束の一部分に圧迫が生じて、腱と腱鞘が摩擦を起こすと腱鞘炎になります。

 

この神経の束に圧迫が起こると、手や指先に不調が現れます。炎症を起こす前に、神経に異常をきたしているということではないでしょうか。ということは、炎症を取り除く前に、神経の歪みを取ることも重要ですよね。

 

腱鞘炎を発症すると?

 

体にも色々な症状が現れるんです。肩こり・首の痛み。腕や手のしびれ、手の冷え。手の多汗症、腕の筋肉の痙攣など様々な症状がでます。腱鞘炎で痛む箇所をかばうために、ほかの部分も使いすぎて更なる痛みが発生してしまうことも・・・。

 

一つの場所の痛みから全身のバランスまで崩れてしまうんです。

 

腱鞘炎の代表的な治療法でサポーターやテーピング、薬、手術をよく聞きますよね。

 

手術はできることならしたくないですよね。

 

手術を受けても、また他の場所が痛み出すということもあるようですし。注射もしばらく経って手指など使うと痛みが戻ってくる事もあるようです。

 

全身に影響を出してしまう腱鞘炎には、カイロプラティックの施術も有効です。

 

カイロプラティックの施術では腰椎の調整・圧迫された神経(腱鞘)を調整することで手や指の歪みも調整されて
腱鞘炎も改善するということのようです。

 

腱鞘炎は、炎症さえ無くなれば完治と思いがちですが手や指の腱や腱鞘が歪んでいると全身の歪みにつながっていきます。
まずは体の歪みも治しましょう!

 

そして、腱鞘炎の治療には接骨院はどう言う効果があるのか。

 

病院に言っても湿布をもらって終わりということもよくありますよね。

 

私は過去に足首が腱鞘炎になった事があります。
まあ、そのことはあとで詳しく・・・

 

接骨院で行われる温熱療法や電気治療は筋肉の緩和をするので、楽になると思います。